読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどものあしたプロジェクト

千葉県佐倉市で活動する団体です。 文化を通して、輝く子供たちの未来を考え、活動することを目的にしています。 旧ブログhttp://blog.goo.ne.jp/kodomonoashita_2011

ミュージカル「げんない」事前その1 江戸・佐倉 その先進性を学ぼう!

f:id:kodomonoashita:20060307224711j:plain f:id:kodomonoashita:20060307234703j:plain f:id:kodomonoashita:20060308004302j:plain f:id:kodomonoashita:20060308005328j:plain

5月22日に旧平井家で「佐倉の歴史から見た人づくり」講演 蕨和雄氏(佐倉市長)とミュージカル「げんない」の魅力を語ろう会を企画しました。 昼前に旧平井家に入った時の外の暑さにくらべ ひんやりとした感じをうけました。

旧平井家は国の登録有形文化財に。さらに佐倉市成田市香取市銚子市4都市が「北総4都市江戸紀行・江戸を感じる北総の町並み」が「日本遺産」に認定されました。良いタイミングで佐倉市の歴史を紐解いてもらうために佐倉市長の蕨氏が「佐倉の歴史から見る人づくり」をわかりやすく語ってくれました。その中でも堀田正睦公の人材育成の特徴でした。「増引」ましびき 子が親の後を継ぐ際→親の禄高から一定の減額を実施し、その後 武術が学問で究めて免許を取得。そして元の禄高に戻す。学ぶ側も非常に熱心に学門や武術に励んだし、教える側にも優れた人材を配置したようです。講演後の感想にも佐倉にたくさんの優れた偉人がいらしゃつたことを学びましたと書かれていました。

市長は次のスケジュールのために旧平井家を出られました。

お茶会タイムで酒麹いりのお菓子をいただき、ミュージカル「げんない」の魅力を語ろうで何人かにグループに分かれて「げんない」が劇中に語るセリフを。各人ごとにつづけてセリフを言う。パフォーマンスを入れながら言う。みんなで一緒にセリフを言う。それぞれにげんないの気持ちになっていたように思いました。 そして5分間のDVDを見て 更に当日のミュージカル「げんない」が楽しみだわのうれしい声。

最後には椿さんのお手製エテキテル! 「回った~回った~」の歓声。幸先よろしいですね。

                                       谷垣