読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどものあしたプロジェクト

千葉県佐倉市で活動する団体です。 文化を通して、輝く子供たちの未来を考え、活動することを目的にしています。 旧ブログhttp://blog.goo.ne.jp/kodomonoashita_2011

高学年の子どもたちに見応えのある舞台を届けたい!

今年もよろしくお願いします。

こどものあしたプロジェクトの代表 黒木裕子が子ども劇場千葉県センターの季刊誌
ぐるっと房総に掲載された文章です。

“劇場”の規模が小さくなり、高学年や中高生のための見応えのある舞台上演が少なくなっていった中、2006年にNPO佐倉こどもステーションのメンバーのひとりがミュージカル「はだしのゲン」(木山事務所)に出会いました。「すごい舞台!人生について考え始める思春期の子ども達になんとかしてこの作品を届けたい!」その一途な思いに共感した佐倉の“馬鹿者”達(劇場のOG)が200万円以上の公演料に打ち勝つ蛮勇を持って動き出し、「こどものあしたプロジェクト」が始まりました。

佐倉での大舞台は久しぶりで珍しさもあって公演は成功裡に終わりました!しかし他方では「ゲン」を心底観たかった子が経済的事情で観られなかった、という厳しい現実にも直面することになったのです。

当時子どもの貧困は7人にひとり、そうした中、子どもや家庭への割引価格を実施するだけでは不十分ではないか?家庭の経済的事情で子どもの願いが挫折することがあってはならないのでは、と議論を重ね、2年後の2008年から「ひとり親家庭招待事業」を開始しました。2014年の今はリピーターの方も増えて、会場で挨拶を頂いたり、すぐに感想を送ってくださったりで、この事業を続ける大きな励みになっています。

そして、2015年は8年目。作品は劇団青年座の大型作品「ブンナよ木からおりてこい」〈7/5(日)佐倉市民音楽ホール〉に決定。年1回の公演ながら、財源の無い貧乏所帯は知恵と体力のみで勝負です。

1.      おとなのチケットに100円の寄付を上乗せさせていただく

2.      協賛金を40万以上集める

3.   600席を売り切る

を全部やりきってやっと赤字を免れる、相も変わらず厳しい状況ですが、NPO佐倉子どもステーションを始め、地域、近隣の文化団体や頼もしい推進者そして応援者とともに今年もまた茨の道を前進していきます。子ども達と一緒に観に来てくださることが一番の応援になります、どうぞよろしくお願いいたします!