こどものあしたプロジェクト

千葉県佐倉市で活動する団体です。 文化を通して、輝く子供たちの未来を考え、活動することを目的にしています。 旧ブログhttp://blog.goo.ne.jp/kodomonoashita_2011

ネズミの涙 事前その2(報告)

8月23日 椿さんとモモの広場で動くおもちゃをつくろう!参加者24人 スタッフ7人が集まりました。今日も暑い夏日でしたが森の中にあるモモの広場は参加した子どもたちそれに大人たちにもいい空間でした。(たくさんの蚊取り線香に守られて)まず竹をネズミ…

ネズミの涙 事前その2(お知らせ)

作って。食べて、夏休みの自由工作もOK! 動くネズミのおもちゃ おなじみの工作おじさん 椿八郎さんをお迎えしての事前企画第2弾は 親子で楽しめる野外工作です。 そして 夏といえばカレー! 青空の下でみんなで食べればおいしさ格別です。 講師 椿八郎さん…

ネズミの涙 事前その1

梅村博美さんによるワークショップ 7・2(日)臼井公民館集会室まずはこんにゃく体操名前の通り「こんにゃく」を連想させるように全身の力を抜き、ゆらゆらと体を動かします。これがなかなか難しく つい力が入ってしまう。梅村さんが「みなさん がんばりす…

「ネズミの涙」事前企画その1

こんにゃく座梅村博美さんによるワークショップ 梅村博美さんは「ネズミの涙」では母親役です。 今回は劇団の名前の元になった「こんにゃく体操」と「ネズミの涙」にかける 思いを伺います。 ちらしをご覧になられた方で 「オペラ?」とはどんなの?と思われ…

下見に那須塩原へ行ってきました。

6月9日「ネズミの涙」の公演が栃木県の那須塩原 黒磯文化会館で上演されると聞いて メンバー6人で新幹線に乗って行ってきました。今日は黒磯高校の創立記念日で毎年午後には会館で文化鑑賞会だそうです。全校生徒たち約600名が会館に集まってきました。…

オペラシアターこんにゃく座「ネズミの涙」再送

みなさまに「ネズミの涙」のちらしがとどきましたか?2017年度の「こどものあしたプロジェクト」の作品です。 10月9日(月・祝)佐倉市民音楽ホールで公演します。 今からスケジュールに入れておいてくださいね。

ちらしです。オペラシアターこんにゃく座「ネズミの涙」

ちらしです!

オペラシアターこんにゃく座「ネズミの涙」のちらしができました!2017年 10月9日(月・祝)佐倉市民音楽ホール笑いと感動が絶え間なく次々とやってきて、一瞬たりとも目が離せませんでした。(学校公演の感想より)ダンスあり、アクションあり、サム…

今年度の作品は

3月になりました~こどものあしたプロジェクトは動き出しております。ブログ担当者が冬ごもりしておりました。今年度の作品はオペラシアターこんにゃく座によるオペラ「ネズミの涙」です。2017年 10月9日(祝・月)公演乞う ご期待ください!

ご来場御礼

出だしからぐいぐい迫ってくる臨場感に圧倒され、舞台と満席の客席が一体になったと感じられる瞬間が続きました。 劇団「わらび座」が魂を込めて届けてくれた、熱い熱い、舞台でしたね。 客席の子ども達に「この世がどんなに暗くても自分らしく生きる種をま…

「げんない」チケット完売です。

9月4日(日) 佐倉市民音楽ホールにてのわらび座ミュージカル「げんない」のチケット好評につき 今日で完売となりました。チケットをお持ちの方は当日をお楽しみにしてください。生憎チケットをお求めできなかった方は残念ですがまたの機会にお願いします。 …

わらび座が放映されます!

テレビ東京の「カンブリア宮殿」でわらび座が放映されます。是非ご覧ください。 ↓ 8月11日(木)22:00~22:54 村上龍 × 小島克昭 (わらび座取締役会長) 番組予告編から村上氏コメント「わらび座はすごくユニークなことをやっていると思う。伝…

ミュージカル「げんない」事前 その3

「自由電子がみえたなら」 7月21日(木)午後13時から16時半までみっちり3時間半。参加者は小1年生から6年生30名と大人4人です。先生は山内幸子さん。(以前佐倉市宮前在。SKSの前身佐倉おやこ劇場に入会。長年佐倉や船橋で仮想実験教室をひらいている。 *…

ミュージカル「げんない」事前その2

国立歴史民俗博物館」で江戸の生活文化を学ぼう! 7月20日(水)まずガイダンスルームで学校団体プログラムは島さんの「江戸屏風から読み解く」は歴博への入り口のようにわかりやく興味がわく内容でした。そしていよいよ久留島館長さんとの出会い。博物館は…

「げんない」を下見して

23日18:30~と24日11:00~東京国際フォーラムホールCで「げんない」の公演がありました。24日は佐倉から11名で下見をしてきました。ホールCは収容人数1500名で思わず広いのにびっくりしました。開演40分前につきましたがエントランスにはたくさん…

ミュージカル「げんない」事前その2

「国立歴史民俗博物館」で江戸の生活文化を学ぼう! 佐倉市は、今年四月「北総四都市江戸紀行・江戸を感じる北総の町並み」として、成田市・香取市(佐原)・銚子市とともに県内初の「日本遺産」に認定されました。 この度、江戸時代に造詣深き久留島 浩館長…

ミュージカル「げんない」事前その1 江戸・佐倉 その先進性を学ぼう!

5月22日に旧平井家で「佐倉の歴史から見た人づくり」講演 蕨和雄氏(佐倉市長)とミュージカル「げんない」の魅力を語ろう会を企画しました。 昼前に旧平井家に入った時の外の暑さにくらべ ひんやりとした感じをうけました。 旧平井家は国の登録有形文化財に…

ミュージカル「げんない」事前企画その1

江戸・佐倉 その先進性を学ぼう!江戸時代、歴代の佐倉藩は人材の育成の為、学問および武芸を奨励しました。特に幕末には蘭学、英学などの洋学も積極的に取り入れ「西の長崎、東の佐倉」といわれました。江戸から明治にかけて、時代をけん引する優秀な人材が…

作品げんないへの思い 

12月2日に三重野葵さんと一緒に来てくれたわらび座の高橋さんがこの作品への思いを語ってくれました。現代は平賀源内が生きた江戸時代に比べれば様々な文化、芸術、価値観があり自由に 物事を考えられる時代といわれています。 しかし様々な価値観があり、そ…

わらび座 げんない 始動!

来年度の作品がわらび座のげんないに決まりました。 2016年9月4日公演 わたしたち こどものあしたプロジェクトが結成して 10作品目です。 その作品の主役 げんない役の三重野葵くんが佐倉に 12月2日に来てくれました! 葵くんは 2010年の『アトム…

『ブンナよ、木からおりてこい』

ブンナ、ご来場の御礼 水上勉さんの珠玉の言葉たちを、劇団青年座の役者さんがからだを張って魂を込めて伝えてくれた舞台でした。 満席の観客席も役者さんの気合をしっかりと受け止め、最後の命の輝きに到るまで舞台と一体になって歩を進めました。 会場には…

7月5日公演まであと数日

公演7月5日まであと数日になりましたね。ブンナ役の逢笠さんに昨日近況を聞きました! 先ほど稽古場バラシが終わり、明日から日野に移動します。今年からまた新たなキャストになり、新鮮な気持ちで稽古に取り組めています。 新たな役者同士が集まって、より…

ブンナの事前ワーク 「命のつながりを感じてみよう」

講師は小林さん(SKS)で水上勉の原作をみんなで読んでみよう!のワークを6月6日(土)臼井公民館でやりました。まずはとこやさんといしやさんの手遊びからはじまりブンナの作品に出てくる鳶がカエルの捕まえるゲーム。 ▲鳶とカエル 赤い帽子が鳶です。捕…

子ども劇場千葉県センターの副理事長綿貫さんが取材!

昨日(6月1日)SKSの事務所で子ども劇場千葉県センターの季刊誌ぐるっと房総の文化体験のコーナーの取材を黒木さんが受けました。綿貫のばらさんは前八千代こども劇場のころからの知り合いでとてもざっくばらんに取材されました。 一番の感想は綿貫さんは…

ブンナ役の逢笠恵祐さんより

2月8日「ブンナ」に出会う前に事前の取り組みをしました。なんとブンナ役の逢笠さんが佐倉へ来てくださりました。この機会にいくつか質問をしました。1 何年からブンナを演じていますか? 僕がブンナよ、木からおりてこいに初めて出演したのは2011年の夏でし…

「ブンナよ、木からおりてこい」の演出 磯村純氏より

2月8日のワーク後に磯村さんに質問をしました。「ブンナ~」の作品に向けての熱い思いを寄せてくれました。①この作品への思いは? 「ブンナよ、木からおりてこい」は青年座の財産です。生命の大切さ、そして生きる事の喜びを長きに渡り歌い続けてきました。…

命のつながりを感じてみよう!ワーク③ ブンナの世界に触れてみよう

2月8日 佐倉市中志津自治会館ホールで3回目のワーク。 劇団青年座から森さん 磯村さん 逢笠さん 柳下さんに制作の長尾さんが来られました。 「新しい方もいるので円陣になって 呼んでもらいたい名前と今日お昼に食べた物を言う」の自己紹介。 頭の回転を早く…

命のつながりを感じてみよう!ワーク②「ブンナよ、木からおりてこい」を読んでみよう

2月1日前回のワークと同じ場所で13時半から15時半までSKS(NPO佐倉こどもステーション)の会員である小林さんを講師に 迎えました。 簡単な柔軟体操から作中にでてくるかえるとへびにみたて おにごっこ。かえるは四角にふちどられた2か所が陣地…

命のつながりを感じてみよう!ワーク①演劇にふれてみよう

1月25日(日) 13時~16時佐倉市 西部地域福祉センターで劇団青年座の代表森さんと舞台「ブンナよ、木からおりてこい」の演出家 磯村純さん ブンナ役逢笠恵祐さんブンナのおかあさん役 柳下李里さんが来られ、ワークショップをしました。丸くなってみ…

高学年の子どもたちに見応えのある舞台を届けたい!

今年もよろしくお願いします。こどものあしたプロジェクトの代表 黒木裕子が子ども劇場千葉県センターの季刊誌ぐるっと房総に掲載された文章です。“劇場”の規模が小さくなり、高学年や中高生のための見応えのある舞台上演が少なくなっていった中、2006年にNP…